死なないで。

出会いは大事よね。
私は、自分がトランスだっていうことは実は最近ようやく受け入れました。
45年間、自分がなんでこんなに苦しむのかわからなかったのです。
なぜ、人とうまく付き合えないか。
それは、自分とであってなかったからですね。
自分の身体は女性。
でも心は本当は男性。
つまり、自分の本来の性別は男性でした。
この、自分との出会いに45年間。
かなり壮絶でした。

今は、幸せです。
でもね、今日もきっとどこかで、トランスの人が自殺していると思います。
自分のセクシャリティを、一人で抱えてね、それで、周りに受け入れられずに亡くなる人が実際にいたのです。
若いFTMの人が自殺しましたね。
自分のセクを会社に言ったら解雇。
そんな馬鹿げたことが実際にあった。
私でも、死ぬと思います。

実際、私も、2回自殺未遂したのです。
気の毒すぎるし、なぜ死んだかという本当に悔しいです。悲しいです。

でもね、やっぱり生きてほしいです。
自分の体は受け入れられないのも私が当事者だからよくわかります。
だからこそ、生きてほしい。
性別適合手術を受けてほしいですね。

そして、本当の自分と出会ってほしいです。

ちなみに私は手術しません。
お金がないからっていうのもあるし、パートナーが望んでいないっていうのもある。
そこは人それぞれです。
人それぞれでいいと思いますね。

友達の場合。

おはようございます。
今日もいい天気ですね。

トランスは、なかなか生きるのがシビアでしてね。
人によっては、やはりホルモン注射のせいで、体調を崩しています。
もれなくといっていいかな。
私は、ホルモン注射も、手術もしていません。
こわいです。
体をいじるのは必要を感じていません。
中性よりだからっていうのもある。

友達がいましてね。
その友達も、トランスです。
FTM。
かなり毎日苦しんでいます。
体が、性が、自分の本来のものと違うっていう苦しみです。
異形と言っています。
鏡を見ても大変だし、人に女扱いをされるのも、苦しい。地獄のようです。
その人もなんにも体をいじっていません。

現実逃避をするしかなくて、毎日毎日ゲーム三昧の日々。
仕事はしています。
女性として働いているのです。
ある大学で研究をしつつ、バイトをしています。
物理を研究していて、物理って、化学、生物、地学と比べて服装が自由なんだって。
そうなんだ。
知らなんだ。

その人は、食べることが唯一の楽しみ。ゲームもか。
とにかく食べる。いつも食べる。
性欲がないの。ノンセクシャル。
恋愛感情もない。アセクシャル。

いろいろ人が居る中で、その人と出会えて、いろいろ共有できるのは本当に慰めです。
自分だけじゃないっていう慰めです。

幼少期からはじまります。

はっきり言って、トランスジェンダーはなかなか生きづらいです。
体と心が一致しないのはかなりしんどいのです。
それに、服とかも女性のものは絶対に着たくないですからね。
服はメンズ、でも顔や身体は女性。
そういうことは今はまあ、あり得るというか、「普通」ですけどね。

私は、トランスです。
性同一性障害です。

全然話がぶっとぶけど、私は好きな人と暮らしています。
それで人生幸せです。
私が好きな人が私を好き。
相手は女性です。

嬉しいです。
私は恋愛をかなり重んじているので、私のつらい人生に一気に花が咲いた気がします。
つらいというか、いろいろあった人生ね。

まず、幼少期には、いろいろありました。
まず、強烈に覚えているのは、2歳だったかなあ、親戚のお姉さんの結婚式に出ないといけないとき、
「女の子」だから真っ白なドレスを着せられてね。
それで、それがかなり辛くて辛くて泣いていた。
私はあの時本当につらくてね、とにかく嫌だったです。
自分に絶対に似合わないと思っていたし、過敏だったからっていうのもある。
服ってかなり大事ですよね。
まあ、子どもなんですぐになれて、でも同い年の従兄弟が子供用のタキシードを着ていたのが心底うらやましかったです。