セクマイ、メンタル、この二つだけど。

セクマイって、セクシャルマイノリティの略です。
性的少数者。

私は、セクマイです。トランス。
それから、ダブルマイノリティでもある。
2重に、少数者っていう意味です。
精神疾患もあるのです。
躁鬱です。

セクマイであることに、ひたすら悩み続けた。
メンヘラであることにも、かなり苦しみ抜きました。

だけど、最近、ごくごく最近ですが、この2つの大変さを、受け止めてきた自分がいます。
身体は前より老化もあって、醜くなってきている。
胸もなんだか、前より垂れてきてる気がする。
でも、自分の体を受け入れることが前より楽にできてきている。
なぜかしら。
いい意味で、年をとったからではないかと思います。
中年のおじさんになってきて、もう身体のことで悩まなくなってきている。
精神疾患もだいぶおさまってきた。

セクマイも、メンタルも、どっちもかなりシビアではあります。
どっちも、社会では生きづらい。
でも、私、関東に引っ越してきてよかったなと思っているのです。
埼玉は、東京の隣だからかもしれないけれど、やはり大都会です。
大都会は、いちいち人を差別したりするほど人に関心がないように思います。
東京って埼玉って、いい意味で、ドライ。
ドライさが、あたたかい。

岩手に38歳まで住んでいたときは、セクマイなんて絶対にオープンにできなかったです。
メンヘラだなんて、親にも言えなかったですね。
今は、堂々と言っています。
これからもっとセクマイも、メンタルも、社会で認識されていくに違いないです。
そのことを大いに期待しています。

minimo。最高やで。

minimoっていう、美容院アプリ。
とっても便利です。
無料カットしてもらえる。
美容師さんの技術向上のためらしい。
それからやっぱり営業のいっかんなんだろうなあ。

ありがたいありがたい。
私はお金がないので、無料で切ってもらえるなんて本当にラッキー。
それで、登録のとき、はてと思いました。
性別、男性でいいよね。
トランスだからね。

そして、登録ぽちっとな。

そして、さっそく募集を見た。
おおーけっこう募集あるじゃないか。
さっそく見つけたメンズカット。

これ、かなりお得ですよ。
通常、3500円が、0円。
ありがたい!

でもちょっと不安が。
本当に、トランスって受け入れてくれるのかな。
そこで、メッセージを送ってみました。
トランスですが、大丈夫でしょうか。

そしたら、返事がこないこない。
あーこれ、仕事で遅れてるのかなあ、でも、予約日は明日なんだけどな
どうしたらいいのかなあ。
無断キャンセルはminimo利用停止になるってかいてあったしなあ。

そして、寝てしまいました。
そして、夜中ふっと起きた私。

おっ

お返事来てる!

おっ
トランスでも大丈夫だって!
勇気を出して言ってくださってありがとうございますとかいてある!
よかったー

さすが、都会だな。
これが、田舎だったらどうだったかしら。

それにしても、トランスっていう言葉、やはり美容師業界のようなおしゃれな人たちは知っているのかしら。

ということで、今日、1ヶ月ぶりに、無料で髪を切ってきます。
嬉しい嬉しい!!

minimo。
最高やで。

友達との出会い

トランスって心と体の性が逆なんです。
だから障害なんです。
これね、かなりしんどい。

心が男性なんだけど、胸がある。かなりかなり不快。
かなりつらい。
それに私の場合、とんでもない爆乳だったりするからね。
嫌なんですよ。

自分の体を受け入れられないとしんどいです。
でもね、前よりはずっといい。
前は本当に孤独でした。

心が苦しいのは自分が弱いから自分が悪いからだとなぜかずっと44年間も思ってきました。
最近、その認識自体が間違っていて、私は悪くないんだと思ったんです。
それは、友達との出会いが大きかった。

トランスの友達がいます。
その友達は、朝起きてから夜寝るまでずっと苦しんでいます。心と体が違うから。
それで、苦しい苦しい死にたい死にたいとずっと言うので、この人は弱いなと最初思っていました。
でも、何回か話をして、ラインをして親しくなっていくごとに、
ああ、この友達は私の鏡だと思うようになりました。
そのくらい、私たちは似ています。
食べることしか楽しみがないっていうのもおなじ。
何か現実を逃れたいけど、男としてのプライドとかそういうのも人並みにもちたい。
本当に人並でいい。
そうですね。

人並みで十分なんです。
お金も名誉も愛も。人並みで十分。
でも、それがまったく得られそうにないから彼も私も長いこと苦しみ抜きました。

今、彼はインドに行っています。
仕事で行っています。
どうか、世界中で活躍してほしい。
私は嫁様と会って愛と平安という幸せを得ました。
友達には嫁様はいないけど、仕事で成功してほしいのです。