ヘルパーさんからの理解と信頼関係。

私は、精神疾患と、性同一性障害と、ダブルで、マイノリティなんです。
でも、そのことを自分で受け入れることがちょっとできるようになってきました。
なぜかというと、最近、パートナー以外の人に、そのことをカムして、受け入れてもらっているからです。
まず、友達。
ネットの友達ですが、何人にも告白しています。
というか、ネットってとても告白しやすい。
利害関係が発生しないので、非常に言いやすい。
かなりありがたいのです。

それから、12月からお世話になっているヘルパーさん。
ヘルパーさんには、非常に信頼しています。
やはり、対面して、リアルで会って、その上で、私のことを仕事上でもいいから、受け入れてくれている人がいると安心できます。
それで、かなり最近安定してきました。
私に必要なのは、きちんとした理解と愛情だったんだと我ながら思います。

特に「私は実は男性なんです」って言っても、ドンひかない人が毎週家に来てくれるっていう環境はとても大事でした。
ありがたくて仕方がありません。
これからもヘルパーさんにはお世話になっていきたいので、心の底から感謝して、また、人としての礼節を守っていきたいです。

人から信頼されているって嬉しいことですよね。
ヘルパーさんは私を男性として理解してくれているし、信頼もしてくれているようです。
心の底から嬉しいです。
ありがたいのです。