トランスを取り巻く社会環境。

前にも書きましたが、出会いって大事。
特に、自分と出会うことが一番大事です。
なんで自分はこうなのか、なぜ自分は苦しんできたのか、そして自分はどうありたいのか、これからどう生きていきたいのか。

けっこう深い話なんですよ。

体が女性で、心が男性。
自分でも、本当に自分が男性なんだ、男性で生きていきたいと思うんだと言えるのは実はつい最近です。
女性として生きてきて、胸が嫌すぎたり、スカートが嫌すぎたり。
制服ってだいたいスカートだったので、小学校から中学校にあがるときに、制服をね、着なければならなくて本当に辛かったです。
みんなにも、あいつはスカートをはくのか、それとも学ランで登校するのかとか噂されていました。

相当からかわれてきたので、ひどいいじめにもあいました。
嫌な言い方ばかりされてね。
かなりきつかった。

なんで言い返せないのかと思う人もいるかもしれないけど。
自分に対する肯定感がないのに、自分で自分の違和感ばかり覚えるのに、どうして他人からの攻撃に反撃なんかできるでしょうか。
自信が全然ないのです。

今は、絶対的に味方してくれるパートナーがいて、それで友達もいてだいぶ自信もでてきたけどね。
でも、それも本当に最近のことなんです。

かなりくらい話ばかりだけど、でもこれが私なんだ。
無理して前向きになる必要もない。
暗くてなんぼですよ。

これからどう生きていくかは、私は、もう外では働かないということを決めました。
どうしても女性として見られるのはもう嫌なんです。
女性として働きたくないです。
男性として見てくれる職場なら素晴らしいと思っています。

最近になって、性同一性障害の人を受け入れる職場もほんのわずかながら出てきたらしい。
よかったと心から思います。
でもまだまだですよね。
まだまだ。

トランスの友達は、なんと東京で200社面接を受けて落ちたのです。
友達は、私と同じく手術もホル中もしていないから女性として面接を受けました。
なぜ200社も落ち続けたのかは、本当のところはわからないけど、もし彼が男性の体を持っていたらどうだったか。

私は、ある県で高校教師をしていましてね、11年前まで。
そのときも女性として働いていました。
かなりきつかったですね。
セクハラもひどかったですし、モラハラパワハラもひどかったです。
胸を少しでもからかわれると死にたくなるから、おどおどするから、可愛いとか言われてもむしろどうしていいかわからないから、余計に周りはイライラするのでしょう。

これがトランスを取り巻く環境です。
だから、これを読んでくださる方に言いたいです。
どうか、差別しないでください。
どうか、好奇の目で見ないでください。
そして、トランスがトランスとして生きていけるように、どうか見守ってください。

お願いします。